スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

二日酔いの原因と対策についてまとめました

      2017/05/22

128575

新年会、歓迎会、送迎会、忘年会、イベントの打ち上げや普段の週末など、お酒を飲む機会はたくさんありますが、ついついお酒を飲みすぎて、次の日に気分が悪くなった事はありませんか?

いわゆる「二日酔い」ですが、アルコール類を飲みすぎた次の日に、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が起こります。

二日酔いになりますと、その日が出勤日であれば仕事にも悪影響を与えますし、休みの場合は、何も出来ずに時間が勿体無いため、極力二日酔いは避けたい所です。

この記事では、二日酔いになる原因と対策についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク




アルコール摂取から排泄されるまでの流れ

アルコールを摂取しますと、血管に入り、血液と一緒に肝臓に運ばれ、すぐに分解が始まります。

肝臓に運ばれたアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きでアセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に分解されます。

酢酸はアセチルCoA合成酵素の働きなどを経て水と二酸化炭素に分解されます。

アセトアルデヒトは人体にとって有害であるため、ただちに無害である酢酸に分解されなくてはいけません。

しかし、二日酔いの場合は、酢酸への分解処理が間に合わず、翌日になっても体内でアセトニトリルが残る事によって引き起こされます。

特に日本人は、全体の半分近くの人が、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の分解能が弱い、もしくは全くない人であるため、日本人の体質として二日酔いが非常に起こりやすいです。

二日酔いの症状と原因

二日酔いと一括りにされていますが、二日酔いには様々な症状があります。

脱水症状

アルコールは利尿作用があり、二日酔いで最も多いのがこの脱水を原因とするさまざまな症状です。

脱水症状は頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

ビールの場合、摂取した量と同じくらいの水分が失われますが、ビールよりもアルコール度数が高ければ高いほど、摂取した量以上の水分が失われるため、確実に体内では脱水状態になります。

胃酸の分泌過多

アルコールは、胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。

そのため、胃酸が必要以上に分泌されるため、逆流を引き起こし、吐き気や食欲不振、下痢といった症状の原因となります。

二日酔いの吐き気を治す方法を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

二日酔いの吐き気を治す方法とは

低血糖症

肝臓は本来、当分を貯蓄して必要に応じて供給するなど、貯蔵庫の働きをしていますが、アルコールが体内に入りますと、アルコールを分解する事に専念してしまうため、体内の糖分が不足しやすくなります。

そのため、だるい症状を引き起こしやすくなります。

実は、お酒の後の締めのラーメンが食べたくなる理由は、この低血糖症が原因になります。詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

二日酔いにラーメンが食べたくなる理由と対処法とは?

二日酔いの種類

二日酔いは、大きく分けて2種類に分類されます。

現在も酔っている型

体内に入ったアルコールはすぐに肝臓で分解されますが、大量に飲酒しますと、体内にアルコールが残っているため、現在進行形でアルコールを分解してアセトアルデヒドが作られている状態です。

むくみ・頭痛型

むくみ型は、時間が経過して体内にアルコールが残っていないにも関わらず、二日酔いの症状が続いている場合に当てはまります。

アルコールを摂取すると、血液中のアルコールによって血管が拡張されます。

血管が拡張されると、血管の壁に隙間が出来るため、血液の水分が外にもれて、細胞内は水分が過剰になり血管は水分が不足するため、むくみやだるさなどの不快な症状が起こります。

また、血管が拡張されているため、ズキズキした頭痛を引き起こします。

頭痛を治す方法を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

二日酔いの頭痛の治し方とは

スポンサードリンク




二日酔いの対策方法

二日酔いにならないためには、アルコール分解を促進させる必要があります。

そのため、アルコールを分解させるために、グレープフルーツ、卵焼き、柿、煎りごまなどを食べる事をお勧めします。

果物に含まれています果糖が肝臓の働きを活発にさせ、卵に含まれているアミノ酸のひとつであるシステインが、アセトアルデヒドによる外を防ぐ働きがあります。

また、煎りごまにはセサミンによって、細胞を傷つける活性酸素を取り除く作用がある抗酸化作用によって、これもまた肝臓の働きを上げる効果があります。

もうひとつ、アルコール摂取によって頭痛やむくみの原因である血管の拡張を抑えないといけません。

コーヒー、牛乳などを飲むことでカフェインやセントロニンの成分が、血液を収縮させるため、むくみやズキズキ頭痛を抑えてくれます。お茶も利尿作用があるため、むくみに効果的です。

ここで、ひとつ大きな疑問があるかと思いますが、二日酔い=しじみという程、しじみの二日酔いに対する期待値は高かったのですが、今回は記事には一切触れておりません。その理由を知りたい場合は、

二日酔いにしじみは本当に効果はあるのか?

をご覧ください。

最後に知っておいてほしいこと

しかし、本当の意味で二日酔いの対策とは、事前にしっかりと準備をするかしないかで、飲み会後の状況が一気に変わります。詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

二日酔いを事前に予防する方法とは

スポンサードリンク




 - 病気・症状