スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

レスリングのルールとリオオリンピック女子代表の情報

      2017/05/06

161559

オリンピックにおけるレスリング競技は、ひとまず2024年の夏季オリンピックまでの存続が決定しておりますが、IOCの方針により、2020年の東京オリンピックから消滅する事で話が進んでいました。その理由のひとつにレスリングのルールが挙げられていました。

実際にレスリングの試合を観戦するのは、オリンピックの時だけという方が大半だと思いますが、正直ルールをきちんと理解している人はかなり少ないと思います。

真相は分かりませんが、レスリングがオリンピックから一旦除外された理由のひとつに、レスリングのルールの難解さや迫力にかけるためテレビ向けではないという意見があったからだそうです。

レスリングの吉田沙保里選手らが中心になって、オリンピック競技の存続を訴える運動していた事は有名ですが、特に女子レスリングはお手芸と言われるくらい強い競技であるため、日本にとってもオリンピック競技から除外されずに済んで良かったと思います。

この記事では、レスリングのルール説明を誰が見ても分かるように簡単に説明し(複雑な部分などは省略)、女子レスリングのオリンピック情報をお伝えできたらと思います。

スポンサードリンク




レスリングのルール

以下にレスリングのルールについて説明していきたいと思います。細かいルールについては省略して、テレビ観戦する上で不自由ないレベルでお話していきますので、詳しく知りたい方には物足りないかもしれまんがご了承ください。

概要

マット上にある直径9mのサークル内で、2人の競技者が、素手で攻防します。タックルや投げ技、両者が伏せた状態での攻防を行います。

レスリングの勝敗の付け方

3分間×2ピリオド制で試合をおこない、相手の両肩を1秒以上マットにつける(フォール)をとった者が勝ちとなります。これはボクシングでいうKO勝ちと一緒です。

ピリオド間には30秒間の休憩があり、2ピリオドが終了した地点でフォールを決める事が出来なければ、テクニカルポイントによる得点の合計が高い人が勝ちとなります。

フォールを決める事が出来なくても、6点差がついたとき、3点の技を2度決めたとき、5点の技を決めた時はテクニカルフォールとなり、勝ちが決定します。

テクニカルポイントの詳細

 1点

相手の両手両膝のうち、3点がマットについた状態で、相手の背後に回り動きを止めるか、技を仕掛けて相手の片足を場外に出したとき

2点

相手が伏せた状態で技を仕掛けて、90度以上返したときにポイントがつき、さらに5秒以上その状態をキープできたらさらに1点が入る。

3点

投げ技が決まった時、相手をタックルで持ち上げ背中から落とした時、マットにうつ伏せ状態になっている時に相手を持ち上げて背中から落とした時

5点

自分の胸より上に持ち上げて投げた時、3点のテクニカルポイントが豪快に決まった時

リオオリンピック女子代表選考方法

世界選手権

まずは、毎年9月に行なわれるレスリング世界選手権において、各階級の上位6位以内に日本人が入れば、その階級の出場枠が与えられます。

この時、世界選手権代表選手がメダルを獲得した場合は、12月におこなれる全日本選手権に出場した地点で内定が決まります。

もし、世界選手権大会で、出場枠を獲得したものの、代表選手がメダルを獲得出来なかった場合は、12月に行なわれる全日本選手権に出場し、優勝したらオリンピックに内定が決まり、世界選手権の代表選手と全日本選手権の優勝者が違う場合は、両者ともオリンピックに内定します。

全日本選手権

全日本選手権は毎年12月に行われますが、世界選手権による内定選手は結果の有無を問わずオリンピックに出場するために必ず出場しなければいけません。また、全日本選手権の優勝者は、アジア大陸予選の出場権が与えられます。

アジア大陸予選

アジア大陸予選で代表者が出場枠を獲得した場合は、世界選手権とアジア大陸予選代表選手から選考します。

五輪トライアル大会

トライアル大会で代表枠を獲得した場合は、女子強化委員会で選考します。背景には、トライアル大会は全体のレベルが世界選手権やアジア大陸予選に比べて劣るためです。

スポンサードリンク




リオオリンピック女子日本代表選手(2016年6月14日現在)

リオオリンピックに出場するレスリング女子代表選手の一覧を以下にまとめました。

女子48kg級 登坂絵莉 至学館大 世界選手権金メダル、全日本選手権出場
女子53kg級 吉田沙保里 フリー 世界選手権金メダル、全日本選手権出場
女子58kg級 伊調馨 ALSOK 世界選手権金メダル、全日本選手権出場
女子63kg級 川井梨紗子 至学館大 世界選手権銀メダル、全日本選手権出場
女子69kg級 土性沙羅 至学館大 世界選手権銅メダル、全日本選手権出場
女子75kg級 渡利璃穏 アイシンAW 五輪アジア予選優勝、協会が選考

レスリング日本女子代表選手のほとんどは、世界選手権で各階級別においてメダルを獲得して選出されたため、オリンピックのメダルも大いに期待出来ると思います。

テレビ放送予定

8月17日(水)  テレビ朝日系         予選(女子48キロ級・58キロ級・69キロ級)

8月18日(木)  NHK                  決勝(女子48キロ級・58キロ級・69キロ級)

8月19日(金)  日本テレビ系   決勝(女子53キロ級他)

スポンサードリンク




 - オリンピック