スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

秋に食べたいサンマの栄養素と身体への効果とは?

      2017/05/21

6e7946686e480dfc442190fb724a53f1_l

秋の味覚の代表格にあげられる「サンマ」ですが、サンマが嫌いな人、もしくはサンマを積極的に食べようとしない人の理由に挙げられるのが、サンマの骨が多くて食べずらい事とあの苦いはらわた(内蔵)の存在が大きいかと思います。

せっかく美味しいサンマが、このような理由で敬遠してしまうのは非常に勿体無く、しかも、はらわたは女性が喜ぶある成分が豊富に含まれているため、邪魔者扱いするのは非常にもったいないです。

この記事では、サンマの栄養素、身体への効果についてお話していき、少しでもサンマを食べるきっかけになればと思います。

スポンサードリンク




サンマの栄養素と効能

サンマの栄養素について各部位に沿ってお話していきます。

サンマの脂

サンマは青魚の一種でEPAやDHAが豊富ですが、これらはサンマの脂に多く含まれています。

DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」という脂肪酸の1種で、コレステロール低下作用があります。

また、脂肪酸は、心筋梗塞を予防したり、脳神経細胞を活性化してボケを予防する働きがあります

サンマの身

サンマの身には、ナイアシンという、アルコール分解に関わるビタミンが豊富に含まれています。

また、タウリンという栄養素も含まれています。これは血合の部分に多く、胆汁酸の分泌を多くするので肝臓の働きを良くします。つまり、しじみと同じようように二日酔いの効果がある食材です。

はらわた

サンマの大きな特徴として苦いはらわたがありますが、はらわたは苦くて食べられない、内蔵だから寄生虫や便などを心配して衛生的に食べられない人がいますが、実は美容効果に物凄く効果があります。

サンマのはらわたには「レチノール」(別名 ビタミンA)が含まれています。

レチノールはコラーゲンを増やしたり粘膜を強くする働きがあるので目元や口元のトラブル改善に役立てる事が出来ます。

サンマのはらわたの衛生面の問題は心配ございません。サンマは体の構造上胃をもたず、1本の消化管になっているため、サンマが摂取した食べ物は30分以内に外に出るようなっているからです。そのため、サンマの内蔵に食べ物が残っているとか、汚物が溜まっている心配はありません。

スポンサードリンク




サンマの塩焼きと大根おろしの関係性とは

サンマを食べる時、一番多い食べ方として塩焼きにして食べる方が多いかと思いますが、よく大根おろしが添えられて、一緒に食べているかと思います。

普段の食事で、サンマの塩焼きと大根おろしの組み合わせに違和感を感じている人は少ないかと思いますが、実は、サンマの塩焼きと大根おろしには栄養学に見ても非常に理にかなった組み合わせである事が分かります。

ここでは、サンマの塩焼きと大根おろしの関係性とメリットについてお話していきます。

食欲増進(ご飯+サンマの塩焼き)

サンマは脂を多く含む魚のため、食べると脂が一時的に胃の粘膜を覆うため、消化が滞り、胃もたれしやすいため、食が進まなくなる傾向にありますが、それを手助けするのが大根おろしになります。

大根に含まれている、「ジアスターゼ」と呼ばれるでんぷん消化酵素がご飯(米でんぷん)の消化を促し、「イソチオしアネート」と呼ばれる大根特有の辛味成分が食欲を刺激する効果があります。

発がん性物質の抑制

サンマに含まれるEPAやDHAの脂肪酸は、空気中の酸素によって非常に酸化されやすく、過酸化脂質というものに変わりやすい性質があります。

過酸化脂質は体内で活性酸素を産み、活性酸素によって遺伝子DNAを破壊してがんの発生を招くといわれています。

この過酸化脂質への変性を抑えるためには、カロテン、E、Cなどの抗酸化性ビタミンの摂取が有効です。名前の通り、酸化を抑制する働きがあります。これらのうち、ビタミンCは大根に含まれており、ビタミンEはサンマ自体にも含まれています。

発がん性物質の吸着と排除

サンマに限らず、焼き魚の焦げには発がん性物質が含まれているから、食べたらがんになるという話を一度は聞いた事があるかと思います。

この手の話は肯定派と否定派に分かれますが、実際は焦げには発がん性物質(トリプP-1)が含まれていますが、極わずかであるため、普段の食事で気にする必要は全くないのが答えになります。実際には、体重60kgの人が、毎日焦げを1t以上食べたらがんになるという報告もございます。

話をもとに戻しますと、大根おろしには、食物繊維が発がん性物質を吸着して排除し、腸管からの吸収を阻止してくれます。また、大根おろし中のペルオキシダーゼが無毒化することも分かっています。

いくら、焦げを食べても大丈夫と言えども、大根おろしと一緒に食べれば、全く気にする必要がないため、安心出来ると思います。

まとめ

サンマを食べる事により、栄養学的に

・コレステロール低下、ボケ防止

・美容効果

・二日酔い効果

・大根おろしと一緒に食べる事で、食欲増進、発がん性物質の抑制と排除

の効果があります。

是非、今年の秋は美味しいサンマを食べて、健康維持に努めてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




 - 栄養・効能