スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

揖斐川マラソン2017のエントリーと締切日は?過去の大会は?

      2017/06/10

揖斐川マラソンは、日本一厳しいフルマラソンと言われるほど、高低差が大きいコースが特徴の大会です。

私は奈良マラソンやあいの土山マラソン(滋賀)のコースもかなりきついと感じていますが、制限時間が5時間30分(奈良マラソンは7時間、あいの土山マラソンは5時間)という事も考慮すると、かなり厳しい大会に違いありません。

コースそのものはきついですが、毎年全国各地から応募が殺到するなど超人気大会のひとつでもあるため、例年エントリー開始後すぐに応募が締め切られてしまいます。

そのため、揖斐川マラソンに挑戦してみたい方は、エントリー日の情報をいち早く知ることは非常に大切になってきます。

この記事では、そんな揖斐川マラソン2017のエントリーと締切日を中心にお話していきます。

スポンサードリンク


揖斐川マラソン2017の開催日は?

揖斐川マラソンは、毎年11月の第2日曜日に開催されており、揖斐川マラソン2017は11月12日(日)開催が決定しています。

[随時更新]開催日が近い主なマラソン大会とは(関東・東海・関西・北陸)

11月~12月は、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。そのため、つくばマラソンと日程が近いフルマラソン大会のエントリー時期、応募方法、抽選結果発表、入金締切日などをきちんと知る事は非常に大事になってきます。

以下に、つくばマラソンと日程が近い、関東、東海、関西、北陸、地域を中心に主なフルマラソン大会(一般の部申し込み)のエントリー概要をまとめました。(赤字は2016年大会データ)

大会名 場所 開催日 申込開始 申込締切 応募 抽選発表 入金締切
横浜 神奈川 10/29(日) 4/5(日) 5/18(木) 抽選 6/14(水) 6/30(金)
金沢 石川 10/29(日) 4/7(金) 5/16(火) 抽選 6/14(水) 6月22日
富山 富山 10/29(日) 4/22(土) 6/16(金) 先着 4/27(金)で募集終了
あいの土山 滋賀 11/5(日) 7月15日 9月11日 先着
さいたま国際 埼玉 11/12(日) 5/22(月) 定員次第 先着 募集終了 
神戸 兵庫 11/19(日) 4/6(木) 5/15(月) 抽選 6/13(火) 7月4日(火)
福知山 京都 11/23(祝) 6月27日 8月31日 先着 7/25で95%応募 8/29締切
大田原 栃木 11/23(祝) 6/4(日) 7月11日 先着 6/30締切が延長
大阪 大阪 11/26(日) 4/7(金) 5/12(金) 抽選 6/13(火) 6月20日
つくば 茨城 11/26(日) 7/9(日) 定員次第 先着 25分で締切
湘南国際 神奈川 12/3(日) 5/27(土) 定員次第 先着
奈良 奈良 12/10(日) 6/14(水) 定員次第 先着 すぐに締切
その他フルマラソン大会については知りたい方はこちら
スポンサードリンク




エントリー期間および定員

フルマラソンの部

今年の募集は、去年よりも500人多い6500人の募集となります

いびがわ応援エントリー枠(先着順)

エントリー時に揖斐川町に住民票があるランナーが対象となります。

また、揖斐川町に住民票が無くても、揖斐川町へ10万円以上の基金をふるさと納税として納めたランナーもこの枠で申し込む事が出来ます。

いびがわ応援エントリー枠は、5月1日(月)から応募が始まります。

募集締め切りは、地元枠は5月12日(金)、ふるさと納税は8月18日(水)までとなります。

定員は地元枠とふるさと納税枠を合わせて250名です。

応募方法は、地元枠は専用の振替払込用紙でおこなうため、事前に振替払込用紙を用意(大会事務局から取り寄せ)する必要があります。ネットでの募集はありません。

ふるさと納税に関してはこちらをご覧ください。

一般枠(ネット先着順)

一般枠は、例年より少し早い5月29日(月)20時から応募受付が始まります。毎年エントリー合戦が厳しく、今年も激しいエントリー合戦が予想されます。

定員は5750名です。

過去2大会の応募状況は以下の通りです。

大会 募集期間 応募状況
第28回(2015) 6/8(月) 20時~ 21分で締め切り
第29回(2016) 6/6(月) 20時~ 31分で締め切り
第30回(2017) 5/29(月)20時~ 30分で締切

一般枠(郵便振替抽選)

毎年、インターネット受付は厳しいエントリー合戦になります。しかし、エントリー合戦に敗れても抽選になりますが、郵便振替での応募も出来るため、あきらめる必要はありません。

郵便振替は、5月29日(月)~6月9日(金)までとなっております。

定員は去年より100人少ない500人となります。

過去2大会の応募状況は以下の通りです。

大会 定員 応募 倍率
第28回(2015) 1000人(フル600/ハーフ400) 2650人 2.65
第29回(2016) 1000人(フル600/ハーフ400) 2200人 2.20

インターネットでのエントリー合戦に比べて、郵便振替抽選はそこまで倍率が高くないので、意外にチャンスがあります。

抽選結果は、郵送で7月中旬から下旬にかけて順次発送されます。

ハーフの部

今年の募集は、去年よりも500人少ない3500人の募集となります

いびがわ応援エントリー枠(先着順)

ハーフもフルマラソン同様に応援枠が設定されております。

応募期間はフルマラソンと同じく5月1日(月)から募集開始で、地元枠は5月12日(金)、ふるさと納税枠は8月18日(水)までとなります。

定員は地元枠とふるさと納税枠を合わせて350人です。

一般枠(先着順)

ハーフの部もフルマラソンの部と同様に5月29日(月)からの募集開始となります。ハーフもかなりのエントリー合戦が激しいため、厳しい戦いになるのが予想されます。

定員は2850人です。

過去2大会の応募状況は以下の通りです。

大会 募集期間 応募状況
第28回(2015) 6/8(月) 20時~ 22分で締め切り
第29回(2016) 6/6(月) 20時~ 32分で締め切り
第30回(2017) 5/29(月) 20時~ 22分で締切

ハーフもフルマラソンと同じ感じで応募が締め切られるため、ハーフだから応募に余裕があると思うと危険です。

一般枠(郵便振替抽選)

定員は去年より100人少ない500人となります。

詳細は、フルマラソンの部(郵便振替抽選)をご覧ください。

参加費

今年の参加費は、フルマラソンだけ1000円値上げして7000円となります。ただし、エントリーの際に記念品無しを選択した場合は6500円となります。

ハーフマラソンは、去年と同様5000円となります。

各地のマラソン大会の参加費値上げの傾向は続いていますが、それでもいびがわマラソンのコストパフォーマンスは高い大会と思います。

スポンサードリンク




 - マラソン