スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

横浜マラソン2018のエントリーは5月16日まで。前回抽選は2.71倍。

      2018/03/29

横浜マラソンと言えば、2015年にフルマラソン化されて始まった大会で、マラソンコースが186m近く不足して、日本陸連公認コースだけでなく、公式記録として認められないという事態に陥った事で有名です。

当時は石原良純さんがサブ4目指して、見事4時間切って完走したのに記録として認められず、色々と物議が起こりました。

2016年大会ではきちんと計測して実施されたものの、2017年大会では、一部コースが変更で開催予定でしたが、台風22号の影響により中止となってしまいました。

そのため、2018年大会では、2017年大会にエントリーした参加者を対象に優先権が与えられるため、2018年大会の一般募集はかなり枠が小さくなります。

この記事では、そんな色々な事がある横浜マラソン2018のエントリーと抽選の流れを中心にお話していきます。

スポンサードリンク


横浜マラソン2018の開催日は?

横浜マラソンは、フルマラソン化された2015年と2016年は3月中旬に開催されていましたが、今年の横浜マラソン2018は、10月28日(日)に開催される事が決まっております。

横浜マラソン以外のマラソン大会について

11月~12月は、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。そのため、横浜マラソンと日程が近いフルマラソン大会のエントリー時期、応募方法、抽選結果発表、入金締切日などをきちんと知る事は非常に大事になってきます。

以下の記事で、詳細を書いていますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク




エントリー期間および定員

横浜マラソンは、フルマラソン化されてから、フルマラソン以外にも10kmの部がありましたが、2018年大会は、10kmの代わりに1/7マラソン(6.0278km)というかなり特殊な部が新設されます。

定員は全部門合計28000人を募集し、フルマラソンの外国人枠とチャリティー枠以外はすべて、定員を超えた場合抽選になります。

しかし、冒頭でもお話しましたが、2017年大会は台風22号の影響により中止になってしまいましたので、2017年大会にエントリーしたランナーのうち、21489人が優先権でのエントリーを済ましております。

そのため、2018年大会は全部門合計7000人の募集となります。

応募開始はすべての部門、枠において4月18日(水)12:00からになります。

応募方法はインターネット(LAWSON DO SPORTS)または、ローソン・ミニストップ店頭のLoppiから申し込む2つあります。

インターネットでフルマラソン一般の部を申し込む時だけ、ペアやグループエントリー(最大5人まで)する事が出来ます。

大阪マラソンみたいに、ペアやグループエントリー、個人での申し込みで参加費が変わる事はありません。

フルマラソンの部

フルマラソンの部は6510人の募集になります。

一般枠
エントリー期間 4月18日(水)12時~5月16日(水)終日
定員 5040人
決定方法 抽選
地元優先枠

横浜市内に在住の方410人と神奈川県在住(横浜市以外)210人の合計620人に地元優先枠が設けられます。

エントリー期間 4月18日(水)12時~5月16日(水)終日
定員 620人
決定方法 抽選(落選の場合、一般枠で再抽選)
チャリティ枠

チャリティ枠とは、横浜ラポールという社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団が運営する機関に、「障害者スポーツの普及啓発」、「アスリートや将来を担う若手選手の育成支援」として、参加費の一部を寄付します。

「かながわ県立病院小児医療基金」にも寄付を行います。

エントリー期間 4月18日(水)10時~6月30日(土)17時
定員 80人
決定方法 先着順
外国人優先枠

外国人の方だけが申し込む事が出来る枠で、先着順で募集をします。

エントリー期間 4月18日(水)10時~5月16日(水)17時
定員 270人
決定方法 先着順
横浜マラソンチャレンジ枠

横浜マラソンチャレンジ枠とは、ランニング等のスポーツを習慣化してもらうことを目的に新設された枠で、決められた大会に出場して、スタンプを集め、3つスタンプが集まったら投函して応募することが出来ます。

出場大会によって押してもらえるスタンプの数が1個か2個のどちらかになります。

横浜マラソンチャレンジ枠の定員は500人となっております。対象大会など詳しいことは、公式ホームページをご覧ください。

締切 決定方法 当選発表日
第1次募集 2017年3月31日まで 抽選 2017年5月中旬
第2次募集 2017年7月15日まで 抽選 2017年7月下旬

1/7フルマラソンの部

去年までの10kmから、今年は1/7フルマラソンという新枠で、6.0278kmを走るという新たな試みが行われます。定員は440人です。

応募は、4月18日(水)12時~5月16日(水)終日となり、定員を超えると抽選になります。

車いすの部

1/7マラソン

定員は30人で、4月18日(水)12時~5月16日(水)終日となり、定員を超えると抽選になります。

2km

定員は20人で、4月18日(水)12時~5月16日(水)終日となり、定員を超えると抽選になります。

倍率

横浜マラソンは過去2回とも抽選になっており、応募者が殺到する大会の一つになります。

過去2大会の抽選倍率は以下の通りです。10kmの部は今年から1/7フルマラソンに変更になったため、参考データとして記載しております。

大会 フルマラソン一般 横浜市民枠 神奈川県民枠 10km(参考)
横浜マラソン2015 3.4倍 9.7倍 11.5倍 14.7倍
横浜マラソン2016 3.1倍 9.7倍 11.6倍 12.4倍
大会 フルマラソン一般 横浜市民枠 神奈川県民枠 1/7フルマラソン
横浜マラソン2017 2.71倍 9.31倍 10.42倍 8.30倍
横浜マラソン2018

横浜マラソンは、年々抽選倍率は低くなっています。

この時期は全国各地でフルマラソン大会が開催されるという理由もありますが、大会運営がうまくいかない部分も少し影響しているような気がします。

今回は、優先枠の影響で募集枠がかなり少なくなっているので、例年の倍率は参考になりにくいですが、フルマラソン一般は2.5倍~3倍、地元優先枠は10倍、1/7フルマラソンは、8倍と予想されます。

参加費

参加費 備考
フルマラソン(一般、地元選考枠、チャレンジ枠) 15000円
フルマラソン(チャリティ枠) 50000円 チャリティ35000円を含む
フルマラソン(外国人優先枠) 17000円 手数料2000円含む
1/7フルマラソン(車いすも含む) 4000円
2km車いす 3000円

抽選結果発表日

横浜マラソン2018の抽選結果発表と入金締切は以下の予定になっています。

部門 抽選結果発表 入金締切
フルマラソン(地元優先枠) 5月30日(水) 6月6日(水)
フルマラソン(一般)、1/7フルマラソン、車いす 6月13日(水) 6月30日(土)
横浜マラソン2018に当選された方で、前泊が必要な場合、抽選結果発表後、すぐにホテルの予約をしましょう。

 - マラソン