スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

第6回加古川みなもロード30km出走記(2018年4月22日)

   

本日、第6回加古川みなもロード20Km&30kmの30kmの部に出場してきました。

僕は5月27日(日)に富山県黒部市で開催される「黒部名水マラソン」に出場するため、練習の一環として30kmを走りたいと思い参加しました。

加古川みなもロードは、ランインフォ/ウィンドアップによる主催で、決して規模の大きい大会でもなく、どちらかというと参加者同士の交流を図るリレーマラソンを中心に20kmや30kmレースの企画運営をしているそうです。

この記事では、第6回加古川みなもロード20km&30kmの出走の様子について語りたいと思います。

スポンサードリンク


第6回加古川みなもロード20km&30kmの概要

会場

加古川防災センター前 果然時期特設テント

アクセス

JR山陽本線:加古川駅北口より無料マイクロバス運行(約2km)

会場は加古川駅から約2kmであるため、徒歩で20~30分で行くことも出来ます。

また、加古川駅でレンタルサイクル「駅リンくん」を1日310円で利用する事が出来ます。

種目と参加人数、参加費について

種目 参加料 参加人数(出走者)
30km男子 4800円  114
30km女子 4800円  22
20km男子 3800円  127
20km女子 3800円  41
10km男子 3000円  102
10km女子 3000円  47

若干、参加費が高いと思いましたが、会場までの無料シャトルバスや、ゴール後におにぎりや調理パン、無料スープの配膳がありました。

スケジュール

大会のスケジュールは以下の通りでした。

8時15分~:会場・受付開始

8時15分~9時30分:シャトルバス(JR加古川駅→会場) 約20~30分間隔で運行

9時55分:開会式

10時20分:30kmの部スタート

10時30分:10km/20kmの部スタート

会場の様子

会場到着後はまずは受付をしました。

受付でゼッケンをもらった後、着替えようとしましたが、会場には簡易用テント(キャンプ用?)が6つあっただけで、更衣室というのはありませんでした。

僕は基本的に秋から冬に出る大会は、あらかじめランニングウェアを着てその上にジャージを着るスタイルで会場入りする事が多いですが、この日はかなり暑く、私服で会場入りしたため、着替える必要がありました。

結局、河川敷で着替える事にしましたが、もともと人数が多くないため、一人ずつ並んで簡易用テントで着替える事も十分可能でした。

しかし、ほとんどのランナーは、河川敷で着替えていたか、車で会場入りしたランナーも多く、車内で着替えを済ませたりしていました。

荷物は受付会場の隣で、大きめのビニール袋とゼッケン番号が書かれた紙を渡され、ビニール袋に荷物とゼッケン番号が書かれた紙を一緒に入れて、預かってもらうシステムでした。

また、スタート地点周辺に2箇所程、給水(アクエリアスと水)サービスがありましたので、スタート直前まで補給食と一緒に給水をしっかりして30kmに挑みました。

コース

全種目、スタートとゴールは「加古川マラソン公認コース」のスタートゴール地点と一緒で、30kmは10km往復+5km往復、20kmは10km往復、10kmは5km往復のコースでした。

加古川マラソン公認コースは1km毎に距離表示の看板があるため、ペース走や残り距離を把握するのにかなり便利でした。

コースは河川敷沿いを走るため、ほぼフラットでかなり走りやすかったです。

給水は2.5km毎で、エイドの北側がスポーツドリンクで南側が水でしたが、往路復路ではスポーツドリンクと水の位置が逆になるので、何度もスポーツドリンクを頭からかけそうになりました。

なお、コースは公認コースですが、大会は未公認ですので次回出場を検討しているランナーは注意が必要です。

大会時の気象状況

時刻 6時 9時 12時 15時
天気
気温(℃) 12 17 21 23
湿度(%) 98 93 76 60
降水量(mm) 0 0 0 0
風速(m/s) 北東1 南南東1 南南西3 南南西3

加古川マラソンのコースの一部を走るため、コースそのものは大変走りやすかったのですが、如何せん、この日は気温がかなり高く、スタート前から汗がだらだら出て、体感温度が高かったため、かなり不安でしたが、何とか完走出来て良かったです。

スポンサードリンク


僕の記録

今回の僕の1kmごとのラップと完走タイムは以下の通りでした。

第6回加古川みなもロード30km(2018年4月22日)全ラップ
距離 ラップタイム ネットタイム 通過時刻
スタート 10:20:00
スタート地点 0:00:00 0:00:00 10:20:00
1km 0:04:45 0:04:45 10:24:45
2km 0:04:43 0:09:28 10:29:28
3km 0:05:25 0:14:53 10:34:53
4km 0:05:06 0:19:59 10:39:59
5km 0:05:05 0:25:04 10:45:04
6km 0:05:02 0:30:06 10:50:06
7km 0:05:06 0:35:12 10:55:12
8km 0:05:02 0:40:14 11:00:14
9km 0:05:03 0:45:17 11:05:17
10km 0:05:04 0:50:21 11:10:21
11km 0:05:05 0:55:26 11:15:26
12km 0:05:04 1:00:30 11:20:30
13km 0:04:57 1:05:27 11:25:27
14km 0:05:03 1:10:30 11:30:30
15km 0:05:01 1:15:31 11:35:31
16km 0:05:03 1:20:34 11:40:34
17km 0:05:07 1:25:41 11:45:41
18km 0:05:11 1:30:52 11:50:52
19km 0:04:43 1:35:35 11:55:35
20km 0:04:55 1:40:30 12:00:30
21km 0:04:46 1:45:16 12:05:16
22km 0:04:32 1:49:48 12:09:48
23km 0:04:55 1:54:43 12:14:43
24km 0:04:41 1:59:24 12:19:24
25km 0:04:50 2:04:14 12:24:14
26km 0:04:51 2:09:05 12:29:05
27km 0:04:55 2:14:00 12:34:00
28km 0:05:24 2:19:24 12:39:24
29km 0:04:54 2:24:18 12:44:18
30km 0:04:39 2:28:57 12:48:57
ラップ平均 0:04:58

僕にとって30kmのタイムそのものは平凡でしたが、この気象条件でビルトアップが出来た事が一番の収穫でした。

いくら気温が高くてもランナーズ・ハイになるとついつい飛ばしてしまいますが、暑い日に最初から飛ばそうとすると、後半めまいを引き起こしたり脱水症状になりやすくなるので、僕は最初から20kmまでは何があっても飛ばさないと決めていました。

そのため、20km過ぎてからギアを上げて、10kmレースを走るつもりで20km~30kmを走りました。

その結果、20~30kmが一番早いタイムでゴール出来たので、黒部マラソンも同じ戦略でサブ3.5(かなり厳しそうですが・・・)を達成出来るように頑張りたいです。

大会終了後は

完走後は、無料のスープを飲んだ後、シャトルバスでJR加古川駅まで行き、そのまま大阪へ帰りました。

僕は過去5年間、この時期に長距離を走った事が無かったので、かなりしんどかったですが、何とか春から夏にかけても継続して練習や大会に参加する事で、早くサブ3.5を達成したいです。

スポンサードリンク


 - マラソン出走記