スポーツ情報サイト-スポッツライト-

スポーツの魅力を発信し、スポーツに焦点を合わせ輝きをもたらすサイトです。

*

30kmの壁を打ち破る方法に、30Kシリーズが良い理由と活用法とは?

   

マラソンをやっていると、よく「30kmの壁」と言う言葉を聞くと思います。

言葉の通り、フルマラソンを走る時に、30kmを過ぎたあたりから急にペースが落ちて、脚が重くなったり、エネルギーが切れて動きが鈍くなる現象の事を指します。

そのため、30kmの壁を打ち破る事が出来れば、フルマラソンは終始楽に走れると言われていますが、この30kmの壁を打ち破る方法として、アールビーズが主催の30Kシリーズに参加する事を強くお勧めします。

私は、実際にマラソンを始めてから2年間は、4時間切りが出来ずにタイムが伸び悩んでいたのですが、大阪で開催されている大阪30Kに初めて参加した次の大会で、いきなり4時間切りを達成しました。

大阪30Kに初参加で30kmの壁克服でサブ4を達成した理由とは?

この記事では、30kmの壁を打ち破るために30Kシリーズをお勧めする理由と活かし方についてお話していきます。

スポンサードリンク




30Kシリーズとは?

30Kシリーズとは、アールビーズ主催の30km走の大会で、タイムや順位は計測されますが、レースというよりも、30kmのペース走という位置づけで、練習やフルマラソン本番前の調整を目的として走るランナーが多いです。

30Kシリーズは、全国各地で開催され、それぞれの地域で行われるフルマラソンの約1~2ヶ月前に開催されるのが特徴です。

30Kシリーズをやる事のメリットとは?

30kmの壁を疑似体験出来る

毎回フルマラソンを走るたびに思う事は、どれだけ快適に走っていても、30km付近(人によっては20km過ぎあたりから)から体が急に重く感じたり、脚が動かなくなり、体のあちこちに痛みを生じて、ゴールするまで地獄のような苦しみを味わう事になります。

そこで、30km走をする事で、30kmの壁を経験しておくことは、非常に大切になります。

30kmの壁が生じる理由は、エネルギー切れ、ペースが速すぎ(ペースが安定していない)、脱水症状の3つがほとんどです。

そのため、どんな形であれ、30kmを走った時にこの3つのポイントと体の疲労度を確認する事で、フルマラソン本番までに再度、戦略を練り直す事が出来ます。

普段なかなか出来ない30km走の練習が出来る

30kmの壁を乗り越えるには30km走をするのが一番良いですが、正直、普段の練習で30km走が出来る人はなかなかいません。

30kmは、普段4時間切るランナーでも2時間半~3時間はかかるため、個人で練習となると、普段の仕事や家の用事などでうまく時間が取る事は難しいです。(準備を含め半日は費やすと考えた方がよいです)

また、30km走は、想像以上に体力を消耗するため、普段から定期的に取り入れるのも難しいです。

私も経験がありますが、30km走を個人でやると、どうしても精神的にだるくなったり、自分の中で甘えが出て途中でやめてしまいがちになります。

逆に言えば、30km走を走る事で、ライバルよりも一歩先を行くことが出来るため、自信にも繋がり精神的にもかなり優位に立てます。

それでも、個人で30kmの練習はなかなか厳しいので、30kmの大会に出る事で、レースに出る事の高揚感や周りのランナーに引っ張ってもらう形で30km走の練習が出来るのが理想です。

しかし、国内で開催されているマラソン大会の多くは10km、ハーフ、フルで、30km大会はそこまで多くありません。

そこで、アールビーズ主催の30Kシリーズを活用する事で、大会に参加する事がそのまま30km走の練習になります。

ペースメーカーにひっぱってもらえる

マラソンを走る上で一番大切な事は同じペースで走る事です。

このブログの他の記事でもお話していますが、マラソンを車に例えると非常に分かりやすいです。

車は同じ速度で運転するのが一番燃費が良い走り方になります。急発進したり急にスピードを落とすと、燃費は悪くなります。

マラソンも同じで、ペースが乱れるとどれだけエネルギーを取っても、すぐにエネルギー切れを起こしますし、体にも負荷がかかります。体に負荷をかけずにエネルギーを出来るだけ消費せずに走るには、同じペースで走るのが一番です。

しかし、個人の練習では、ペース走をやろうにも、ペース感覚が掴み切れていない人にとってはかなり難しく、どうしてもペースが安定しません。

そのため、マラソンサークルやクラブなどに入って、マラソン経験者に引っ張ってもらう形でペース走が出来れば理想ですが、全員がマラソンサークルに入っているわけでもありませんし、サークルに入っても、自分と走力が合わなければ、うまくペース走をする事は難しいように感じます。

その点、30Kシリーズでは、自分の走力に合わせてフルマラソン3時間以内~5時間完走ペースに対して15~30分刻みでペースメーカーがいるので、ペース走をするにはかなりお勧めします。

スポンサードリンク




30Kシリーズの活用の仕方(現在作成中)

30Kシリーズは、2017年も全国各地で開催されています。是非30Kシリーズに参加して今年の秋のフルマラソン、冬のフルマラソンに向けてしっかり準備をしていきたいところです。

ここでは、2017年に全国各地で開催される30Kシリーズの情報とその活かし方について紹介していきます。

2017東京30Kの開催日は?東京30Kが活かせるフルマラソン大会一覧

大阪30Kに初参加で30kmの壁克服でサブ4を達成した理由とは?

最後に

30Kシリーズは、実際の大会に比べて練習という位置づけであるため、真剣に取り組む人が多く、お祭りモードやにぎやかさはあまりありません。

しかし、その分フルマラソンにむけての調整に集中出来るため、初めてのフルマラソンに挑戦される方、タイムが伸び悩んでいるランナーで、30Kシリーズに参加したことが無い方は、是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




 - マラソン