マラソン

奈良マラソン2020のエントリー情報は?毎年30分以内に募集締切。

 

奈良マラソンは、毎年12月第2日曜日に開催される大会で、とにかく坂道が多く、岐阜県の「揖斐川マラソン」に匹敵するくらいの難易度を誇るマラソン大会です。

しかし、これだけの難関コースですが、関西屈指の人気大会で、大阪マラソンや神戸マラソンにも負けてはいません。

とにかくエントリー合戦がかなり厳しく、スタート位置に立つのが一番の難関とも言われています。

この記事では、奈良マラソン2020に参加を考えているランナー向けに、奈良マラソン2020のエントリー情報および、エントリーのコツについてお話していきます。

スポンサードリンク




奈良マラソンのエントリーの実態とは?

奈良マラソンはとにかくエントリー合戦が厳しく、関西ランナーを中心に出場権をかけた争いが始まります。

エントリー方法は先着順でRUNNETからのエントリーと抽選で専用用紙からの申し込みの2つあります。

奈良マラソン2020のエントリー情報の詳細はまだ分かりませんが、毎年大きな変化はないので、ここでは過去のエントリー状況を中心にお話します。(奈良マラソン2020の詳細が分かり次第、更新します。)

フルマラソンの部

奈良マラソン2019の応募人数は12000人で例年通りでした。

県民枠(先着順)

奈良県民のみが応募出来る枠で一般枠に先行で募集が始まります。

県民枠も毎年かなり早い時間で締切となりますが、奈良県民は一般枠と合わせて2回エントリー合戦に参加する事が出来ます。

大会 定員 募集開始日 応募状況
第6回(2015) 2000 6/17(水) 20時募集開始 7分で締切
第7回(2016) 2000 6/8(水) 20時募集開始 7分で締切
第8回(2017) 2000 6/7(水) 20時募集開始  8分で締切
第9回(2018) 2000 6/6(水) 20時募集開始  7分で締切
第10回(2019) 2000 6/21(金) 20時募集開始

一般枠(先着順)

奈良県枠から1週間後に一般枠の募集がありますが、一般枠も超激戦で締切時間がかなり早いです。

僕は、前回の第8回(2017)大会に一般枠で出場する事が出来ましたが、事前の準備をしっかりしていたおかげで、この激戦を勝ち抜きました。

その方法については、以下の記事を参照ください。

大会 定員 募集開始日 応募状況
第6回(2015) 9000 6/24(水) 20時募集開始 23分で締切
第7回(2016) 9000 6/15(水) 20時募集開始 33分で締切
第8回(2017) 9000 6/14(水) 20時募集開始 36分で締切
第9回(2018) 9000 6/13(水) 20時募集開始  29分で締切
第10回(2019) 9000 6/26(水) 20時募集開始

一般枠(抽選)

奈良県民枠も一般枠(先着順)も応募出来なかったからと言って肩を落とすのはまだ早いです。

奈良マラソンは専用用紙で郵送して申し込む事が出来ます。

専用用紙での申し込みの場合、定員を超えた場合は抽選になりますが、毎年抽選を行っております。

インターネットからの応募は、どうしても回線がパンクして繋がる事さえ出来ない状態が続いてしまいますので、抽選の方が走れる確率が高いような気もします。

大会 募集期間 定員 応募人数 倍率
第6回(2015) 6/30(火)~7/6(火) 1000 4297 4.30
第7回(2016) 6/15(水)~6/29(水) 1000 3557 3.56
第8回(2017) 6/14(水)~6/28(水) 1000  3024  3.02
第9回(2018) 6/13(水)~6/27(水)  1000  2630  2.63
第10回(2019) 7/3(水)~7/16(火) 1000 7039 7.04

抽選結果は、8月上旬から郵送で抽選結果で発送されます。(2015年は8月10日~、2016年は8月5日~でした)

第9回大会(2018)までは、大阪マラソンや神戸マラソンの当選倍率とほとんど変わりませんでしたが、第10回大会(2019)はなんと7倍と、例年の予想を超える応募があり、抽選もかなりの激戦になります。

スポンサードリンク

10kmの部

フルマラソンは県民枠がありましたが、10kmの部は県民枠は無くて、「一般枠(先着)」と「一般枠(抽選)」のみとなります。

一般枠(先着順)

フルマラソン同様にかなりの激戦です。10kmでここまで激戦もなかなかありません。

大会 定員 募集開始日 応募状況
第6回(2015) 3500 6/24(水) 20時募集開始 51分で締切
第7回(2016) 3500 6/15(水) 20時募集開始 当日締切
第8回(2017) 3500 6/14(水) 20時募集開始  当日締切
第9回(2018) 3500 6/13(水) 20時募集開始  当日締切
第10回(2019) 3500 6/26(水) 20時募集開始 当日締切

一般枠(抽選)

フルマラソン同様に専用用紙で郵送して申し込む事が出来ます。

専用用紙での申し込みの場合、定員を超えた場合は抽選になりますが、毎年抽選を行っております。

大会 募集期間 定員 応募人数 倍率
第6回(2015) 6/30(火)~7/6(火) 500 1086 2.17
第7回(2016) 6/15(水)~6/29(水) 500 1109 2.22
第8回(2017) 6/14(水)~6/28(水) 500  1023  2.05
第9回(2018)  6/13(水)~6/27(水) 500  1069  2.14
第10回(2019) 7/3(水)~7/16(火) 500 1313 2.63

抽選結果は、例年8月上旬から郵送で抽選結果で発送されていましたが、第10回大会(2019)は全体の応募開始が遅く、8月21日でした。

抽選結果は応募締切から約1か月後と思っておいていいでしょう。

3kmジョギング

3kmジョギングはフルマラソンと10kmの前日におこなわれます。

一般枠(先着順)

フルマラソンや10kmほどの激戦ではありませんが、募集翌日には応募締切になります。

大会 定員 募集開始日 応募状況
第6回(2015) 1200 6/24(水) 20時募集開始 翌日締切
第7回(2016) 1200 6/15(水) 20時募集開始 翌日締切
第8回(2017) 1200 6/14(水) 20時募集開始 翌日締切
第9回(2018) 1200 6/13(水) 20時募集開始 翌日締切
第10回(2019) 1200 6/26(水) 20時募集開始 翌日締切

一般枠(抽選)

フルマラソン同様に専用用紙で郵送して申し込む事が出来ます。

専用用紙での申し込みの場合、定員を超えた場合は抽選になりますが、3kmジョギングに関しては定員を超える事は今のところないようです。

大会 募集期間 定員 応募人数 倍率
第6回(2015) 6/30(火)~7/6(火) 300 105 0.35
第7回(2016) 6/15(水)~6/29(水) 300 157 0.52
第8回(2017) 6/14(水)~6/28(水) 300 130  0.43
第9回(2018) 6/13(水)~6/27(水)  300  162  0.54
第10回(2019) 7/3(水)~7/16(火) 300 192 0.64

参加費

奈良マラソン2019は、3kmジョギングの部以外で参加費の値上げがありました。

部門 参加費
フルマラソンの部 10000円
10kmの部 5000円(高校生は3000円)
3kmジョギングの部 1500円

奈良マラソンのコースについて

奈良マラソンのコースについては、以下の記事を参考にしてください。

奈良マラソン以外の大会エントリー情報について

近年のマラソン熱は凄まじく、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。

そのため、多くのランナーがこぞってエントリーするので、特に人気の大会はエントリー時期、応募方法、エントリー状況、抽選結果発表、入金締切日をきちんと把握しておかないと、いくらマラソンの練習しても応募の段階で出場出来ないという事態になります。

最近のマラソンエントリーの傾向から、ひとつの大会に絞るのではなく、本命の大会を複数考えておいて、それぞれのエントリー情報をきちんと把握して、後はエントリー状況に委ねる形をとるのが良いです。

以下の記事で、全国の主なフルマラソン大会のエントリー情報について記載しているので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク