マラソン

2020函館マラソンのエントリー情報は?2月25日応募開始。

今回で5回目を迎える函館マラソンは、2018年に日本経済新聞が発行している「NIKKEIプラス1」市民マラソン大会ランキングで8位にランクインするなど、フルマラソンとしての歴史は浅いものの、参加ランナーに大変満足されている大会で、函館の景観、エイドの充実面が特に好評です。

そんななか、2020函館マラソンは7月5日(日)に開催されることがすでに決定しております。

この記事では、函館マラソンの出場を検討しているランナー向けに、気になるエントリー情報についてお話していきます。

スポンサードリンク




2019函館マラソンのエントリーの実態とは?

函館マラソンはフルマラソンとハーフマラソンの2種目で開催され、前回大会と同様に、フルマラソン4000人、ハーフマラソン4000人です。

エントリー方法は、フルマラソンがインターネット(RUNNET)、ハーフマラソンが、インターネット(RUNNET)と専用振替用紙がメインになります。

RUNNETは、日本各地で開催されるマラソン大会のエントリーを多くを受け持っているので、マラソンにエントリーする前に必ずRUNNETに登録しましょう。

次に、各エントリー方法についてもう少し解説していきます。

宿泊付きエントリー(先行受付)

宿付きエントリーとは、一般でのエントリーより先に先行受付をおこない、エントリーと宿泊先のホテル.旅館をセットに申し込むことが出来ます。

JTBスポーツステーションから申し込むことが出来ますが、フル・ハーフ合わせて先着500名となります。

エントリー期間は2月17日(月)21時~です。

一般枠

一般枠の募集は2019年2月25日(火)21時~4月17日(金)17時に開始で先着順となります。

過去の函館マラソンのエントリー状況をみますと、すぐに定員がいっぱいになることは無いですが、出場を検討しているランナーはエントリー開始直後に申し込みが出来る準備をしておいた方が無難です。

マラソン大会に出場したいランナーは以下の記事を参考にすると、先着順の大会エントリーの成功率がぐんと上がりますので、是非参考にしてください。

参加費

2020函館マラソンの参加費は、前回(2018年)大会と同様に、フルマラソン9000円、ハーフマラソン5000円です。

函館マラソン以外の大会エントリー情報について

近年のマラソン熱は凄まじく、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。

そのため、多くのランナーがこぞってエントリーするので、特に人気の大会はエントリー時期、応募方法、エントリー状況、抽選結果発表、入金締切日をきちんと把握しておかないと、いくらマラソンの練習しても応募の段階で出場出来ないという事態になります。

最近のマラソンエントリーの傾向から、ひとつの大会に絞るのではなく、本命の大会を複数考えておいて、それぞれのエントリー情報をきちんと把握して、後はエントリー状況に委ねる形をとるのが良いです。

以下の記事で、全国の主なフルマラソン大会のエントリー情報について記載しているので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク