マラソン

横浜マラソン2020のエントリー情報と抽選倍率は?前回は2.3倍。

横浜マラソンは、2015年にフルマラソン化されて始まった大会で、マラソンコースが186m近く不足して、日本陸連公認コースだけでなく、公式記録として認められないという事態に陥った事で有名です。

当時は石原良純さんがサブ4目指して、見事4時間切って完走したのに記録として認められず、色々と物議が起こりました。

2017年大会は台風22号で中止になり、そのため、2018年大会では、2017年大会にエントリーした参加者を対象に優先権が与えられため、2018年大会の一般募集はかなり枠が小さくなるなど、色々とバタバタが続く大会です。

この記事では、横浜マラソンの参加を考えているランナー向けに、11月1日(日)に開催される横浜マラソン2020のエントリーについてお話していきます。

スポンサードリンク


横浜マラソンのエントリーの実態とは?

フルマラソンの部

横浜マラソン2019の募集枠は26920人でした。

横浜マラソンは冒頭にもお話しましたが、第1回大会からいろいろなトラブルが多く、年々募集倍率が下がっているのが現状です。

個人的な視点ですと、エントリーして走れる可能性は高くなることは良いことですが、倍率が下がり続けていると、ランナーからの支持や大会に対する印象など不安になります。

横浜マラソン2020の応募要項の発表はまだありませんので、過去大会の各枠の募集倍率をご覧ください。

横浜市民枠

横浜市民枠は、横浜市内在住であればエントリーすることが出来ます。

過去のエントリー倍率をみると、2019年は倍率が物凄く下がる形になりました。

それでも倍率は4倍以上あるので、抽選を勝ち取るのはなかなか難しいです。

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 2000 8586 4.3
横浜マラソン2017 9.31
横浜マラソン2016 9.7
横浜マラソン2015 9.7

神奈川県民枠

神奈川県民枠は、神奈川県内在住であればエントリーすることが出来ます。

もちろん、横浜市内在住の方も神奈川県民枠での応募は出来ますが、過去のエントリー倍率をみても10倍を超えるので、抽選を勝ち取るのは激ムズです。

そのため、横浜市内在住の方は、横浜市民枠での応募が現実的です。

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 1000 10310 10.3
横浜マラソン2017 10.42
横浜マラソン2016 11.6
横浜マラソン2015 11.5

女性ランナー優先枠

2019年大会から新設された女性ランナー優先枠。

フルマラソンの枠26920人に対して10000人が女性ランナー優先枠と、女性ランナーにとってはかなり優遇された枠でしたが、結果定員に届かない申込人数で、余った枠は一般枠に組み込まれる形になりました。

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 10000 6846 0.68(全員当選)

一般枠

横浜マラソンの抽選倍率は、年々下がっています。

2019年は2.3倍と過去最低で、地元優先枠に比べても、横浜マラソンは大会規模に対して地元密着型の大会とも言えます。

過去のエントリー倍率は以下の通りです。

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 ※15074 34081 2.3
横浜マラソン2017 2.71
横浜マラソン2016 3.1
横浜マラソン2015 3.4

※横浜マラソン2019の一般枠の定員は11920人ですが、女性ランナー優先枠の3156人分が余ってしまったので、一般枠に組み込む形で15074人となりました。

チャリティ枠

チャリティ枠とは、横浜ラポールという社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団が運営する機関に、「障害者スポーツの普及啓発」、「アスリートや将来を担う若手選手の育成支援」として、参加費の一部を寄付します。

「かながわ県立病院小児医療基金」にも寄付を行います。

2019年大会の定員は500人でした。

横浜マラソンチャレンジ枠

横浜マラソンチャレンジ枠とは、ランニング等のスポーツを習慣化してもらうことを目的に新設された枠で、決められた大会に出場して、スタンプを集め、3つスタンプが集まったら投函して応募することが出来ます。

出場大会によって押してもらえるスタンプの数が1個か2個のどちらかになります。

2019年大会の定員は500人でした。

外国人枠

外国籍の方が応募出来る枠で、先着順となります。

2019年大会の定員は1000人でした。

スポンサードリンク

1/7フルマラソン

2018年大会に、それまでの10kmの部から1/7(6.0278km)というかなり特殊な部が新設されました。

過去の倍率をみるとかなりの激戦であることが分かります。

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 1000 5809 5.8
横浜マラソン2018 440 3652 8.3

車いすの部

1/7マラソン

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 30 12 0.4(全員当選)

2km

定員 申込人数 倍率
横浜マラソン2019 50 117 2.3

参加費

横浜マラソン2019の参加費は以下の通りでした。

参加費 備考
フルマラソン(一般、地元選考枠、チャレンジ枠) 15000円
フルマラソン(チャリティ枠) 50000円 チャリティ35000円を含む
フルマラソン(外国人優先枠) 17000円 手数料2000円含む
1/7フルマラソン(車いすも含む) 4000円
2km車いす 3000円

抽選結果発表日

横浜マラソンは、抽選結果発表から入金締切までが、優先枠は1週間、その他一般は約3週間となっております。

2019年大会の抽選発表日と入金締切日は以下の通りでした。

部門 抽選結果発表 入金締切
フルマラソン(地元優先枠、女性優先枠) 6月3日(月) 6月10日(月)
フルマラソン(一般)、1/7フルマラソン、車いす 6月17日(月) 7月5日(金)

横浜マラソン以外のマラソン大会について

11月~12月は、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。

そのため、横浜マラソンと日程が近いフルマラソン大会のエントリー時期、応募方法、抽選結果発表、入金締切日などをきちんと知る事は非常に大事になってきます。

以下の記事で、詳細を書いていますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク