マラソン

富山マラソン2020のエントリー情報は?前回は4日で締め切り。

富山マラソンは、北陸新幹線開業に伴う記念大会として2015年11月1日に第1回大会がスタートして、今年の富山マラソン2020は11月1日(日)に開催されます。

富山マラソンの最大の魅力は、射水市の観光名所である海王丸パークと新湊大橋を通り、天気が良ければ立山連峰がはっきりと見えるので、海と山の自然を両方味わえるコースにあります。

また、富山は海の幸を中心とした食べ物が本当に美味しいので、県外から参加されるランナーの皆さんは、マラソン前後に新鮮な魚介をメインにグルメを堪能する楽しみがあるので、それだけでも参加する価値はあるように思います。

この記事では、富山マラソンのエントリーを検討しているランナー向けに、富山マラソンのエントリー状況をお伝えしていきます。

この記事をきっかけに富山マラソンにエントリーしました!というランナーが一人でもいると大変嬉しいです。

富山マラソン2020のエントリーの実態とは?

富山マラソンのエントリー方法は、ランニング大手サイトのRUNNETから先着順での申し込みがメインとなります。

RUNNETは、最も日本各地で開催されるマラソン大会のエントリーを多くを受け持っているので、マラソンにエントリーする前に必ずRUNNETに登録しましょう。

富山マラソンは、北陸新幹線開通を記念して始まったため、大会当初は県外からの参加者が多かったのですが、県民選考枠を増やしてからは、県内参加者が6割近く占めるようになりました。

(フルマラソンの部)参加者県内参加者県外参加者富山県内参加者割合
富山マラソン2019
富山マラソン2018141678912525563%
富山マラソン2017137798512526762%
富山マラソン2016 13615 76066009 56%
富山マラソン2015 12070 5401 6569 45%

そのため、県外参加者では北陸新幹線沿いの地域である関東圏、長野からの参加者が多く、近畿圏や東海圏も特急サンダーバードやしらさぎで富山へのアクセスが良いため、参加者が多いのが特徴です。

次に、各部、各枠のエントリー状況を見ていきましょう。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、エントリー延期が決定しました。

 

フルマラソンの部

富山マラソン2020は、前回大会と同じ枠、同じ定員での募集となります。

富山県民先行枠(先着順)

RUNNETの住所登録が富山県のランナーのみ先行で応募出来る枠で、4月11日(土)正午からの募集開始です。

過去大会の申込状況は以下のようになっております。

大会定員応募状況
第1回(2015)5006分で締切
第2回(2016)150012分で締切
第3回(2017)150011分で締切
第4回(2018)150010分で締切
第5回(2019)160012分で締切
第6回(2020)1600

過去の傾向より、10分足らずに定員オーバーになるため、富山県民先行枠で出場する場合、エントリー開始日の11時過ぎからRUNNETにログイン出来る状況にしておくべきです。

富山マラソン応援枠(先着順)

富山マラソンの特徴的な取組みを支援するための枠であり、

①車いすレースの実施
②伝統文化を楽しめる大会(高岡御車山、新湊曳山、流鏑馬(やぶさめ)など)
③富山らしい食の提供(ますずし、白エビ天むすなど)

の支援するため、参加費が5000円ほど高くなります。

4月11日(土)正午から募集開始で、富山県民枠と同時募集となります。

過去大会の申込状況は以下のようになっております。

大会定員応募状況
第1回(2015)30012分で締切
第2回(2016)30078分で締切
第3回(2017)30097分で締切
第4回(2018)3001日で締切(4/7~4/8)
第5回(2019)45013日で締切(4/6~4/19)
第6回(2020)450

富山マラソン応援枠もかなり締切が早いですが、2019年大会は定員枠が広がった影響か、当日締切とはならず、2週間近く募集していました。

一般枠(先着順)

一般枠は、4月25日(土)正午募集開始です。

過去大会の申込状況は以下のようになっております。

大会定員応募状況
第1回(2015)81002日で締切(4/20~4/22)
第2回(2016)92005日で締切(4/23~4/28)
第3回(2017)92005日で締切(4/22~4/27)
第4回(2018)92003日で締切(4/21~4/24)
第5回(2019)92504日で締切(4/20~4/23)
第6回(2020)9250

エントリー開始時にすぐに定員になる事はありませんが、5日以内には申し込みが締め切られるため、富山マラソンに応募される方は、エントリー開始日に申し込むのが無難です。

抽選枠

専用払込用紙で郵送する方法で、富山マラソンで唯一の抽選枠となります。

4月25日(土)~5月27日(水)にエントリー開始です。

過去大会の申込状況は以下のようになっております。

大会定員応募状況
第1回(2015)5001415人応募→全員当選
第2回(2016)5001000人を超える応募のため抽選(エントリー倍率:約2倍)
第3回(2017)5001000人を超える応募のため抽選(エントリー倍率:約2倍)
第4回(2018)500
第5回(2019)500
第6回(2020)500

抽選倍率は約2倍で、当選者は7月上旬に当選通知が発送されます。

海外枠(先着順)

第2回の富山マラソン2016から取り入れられた枠で、海外ランナー専用の枠が設けられています。

定員は300人です。

ふるさと納税枠

今大会から新設されたふるさと納税枠ですが、富山県「元気とやま応援寄附金」へ40,000円以上の寄附、または寄附者本人が指名した方が出場出来ます。

募集期間は、4月11日(土)~7月22日(水)になります。

ジョギングの部

フルマラソン一般の部と同日募集。

車いすの部

フルマラソン一般の部と同日募集。

参加費

富山マラソン2020の参加費は以下の通りで、第1回大会(2015)から変更はありません。

部門参加費
フルマラソンの部10000円(富山マラソン応援枠15000円)
ジョギングの部3000円(高校生1500円、中学生1000円)小4~小6と保護者ペア4000円)
車いすの部3000円

 

富山マラソンのコースについて

富山マラソンのコースについてもこちらで解説していますので、参考にしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください