マラソン

泉州国際市民マラソン2020のエントリーと抽選倍率は?毎年2倍程度。

泉州マラソンといえば、33km過ぎの「スカイブリッジ」と35km付近の「マリンブリッジ」が有名で、2つの橋を往復するため、全部で4回橋を渡らなければならず、通称モンスターブリッジと呼ばれております。

毎年、泉州マラソンを走る多くのランナーは、モンスターブリッジで急激にペースが落ちます。

そのため、モンスターブリッジを制するものが泉州マラソンを制すると言えるほど、レースを大きく左右されるポイントになります。

しかも、制限時間5時間となかなか厳しい大会ですので、硬派なランナーが多く出る大会です。

この記事では、泉州マラソン参加を検討しているランナー向けに、泉州マラソン2020のエントリー情報についてお話していきます。

スポンサードリンク




泉州国際市民マラソンのエントリーの実態とは?

泉州国際市民マラソンは、RUNNETからのエントリーと抽選で専用用紙からの申し込みの2つあります。

先着順ではないので、定員をオーバーした場合は抽選となります。

泉州国際市民マラソンは、抽選時の倍率の発表がないため、抽選の通りやすさは不明ですが、色々な情報によると2~3倍くらいではないかと思われます。(確証はありあせん)

フルマラソンの部

フルマラソンの店員は5000人で例年通りです。

特に優先枠はないので、エントリーしたランナーの中から公平に抽選されます。

第26回泉州国際市民マラソン(2019)のエントリーは、2018年9月10日(月)10時~9月28日(金)17時です。専用振込用紙の場合は9月21日(金)までになるので注意が必要です。

ハーフマラソンの部

前回までは10kmの部でしたが、今回はハーフマラソンの部が新設されました。

エントリー方法はRUNNETのみで、専用申込用紙からの応募は出来ません。

定員は1000人で、ハーフマラソンのエントリー期間はフルマラソンと同じですが、先着順になるため、すぐに応募が締め切られる事はないですが、ハーフマラソンを走る事を検討している場合、早めにエントリーすることをお勧めします。

 参加費

参加費は、前回大会と同じです。

フルマラソンの部

応募方法、当選後支払い方法 エントリー時 当選時 当選時払込手数料 合計
RUNNETで応募、クレジット払い 11356円(エントリー代10800円、手数料536円) 11356円
専用用紙で応募、コンビニ払い 630円(事務手数料500円、払込手数料130円) 11356円(エントリー代10800円、手数料536円) 108円 12094円
専用用紙で応募、ゆうちょ銀行、郵便局払い 630円(事務手数料500円、払込手数料130円) 11356円(エントリー代10800円、手数料536円) 130円 12116円

ハーフマラソンの部

参加費は5400円で、手数料536円を加算した5936円の支払いとなります。

大会出場を考えているランナーへ

受付は大会前日と当日の2日間行われますが、大会前日に受付を済ましたほうが、冊子をもらえるため、家や宿泊先でゆっくりと読んで準備が出来るので良いです。

しかし、スタート時間が10時30分と遅めのスタートであるため、当日受付で朝早く行っても全然問題ありません。

遠方から参加されるランナーは、ホテルや旅館の予約をしていると思いますが、スタート時間が遅いため、最悪、京都や兵庫のホテルや旅館でも対応は出来るので、宿泊に関してはそこまでナーバスになる必要はないと思います。

泉州国際市民マラソン以外の大会エントリー情報について

近年のマラソン熱は凄まじく、全国各地で都市型マラソンを含め、多くのフルマラソン大会が開催されます。

そのため、多くのランナーがこぞってエントリーするので、特に人気の大会はエントリー時期、応募方法、エントリー状況、抽選結果発表、入金締切日をきちんと把握しておかないと、いくらマラソンの練習しても応募の段階で出場出来ないという事態になります。

最近のマラソンエントリーの傾向から、ひとつの大会に絞るのではなく、本命の大会を複数考えておいて、それぞれのエントリー情報をきちんと把握して、後はエントリー状況に委ねる形をとるのが良いです。

以下の記事で、全国の主なフルマラソン大会のエントリー情報について記載しているので、是非参考にしてください。

泉州国際市民マラソン2020のコースについて

泉州国際市民マラソン2020のコースについては以下の記事を参考にしてください。

スポンサードリンク